Googleの検索結果表示ページに広告だしたらダメって何言ってるのオーストラリアは?

Googleが訴えられていたんですね。
しかも検索結果ページの表示が不当だということで。

無料の検索サイトの結果表示に広告が配置されることに
どういう理由でケチがつけられるのでしょうか???



ACCCの申し立てによると、グーグルは、検索ワードとの関連性が高い順に並べて表示する検索(オーガニックサーチ)の結果なのか有料広告なのか、区別しづらい検索結果の表示方法を取っているという。

 AAP(Australian Associated Press)によると、ACCCの弁護人Christine Adamson氏は、グーグルは、検索結果の並び順がスポンサーの広告料と関係あるとは思っていないユーザーに誤った情報を与えていると主張する。



う〜ん、だとしても、Googleは検索を無料で提供して、
その見返りに広告で稼いでいるわけでしょう?

テレビだって番組内容に関連したり、酷似したCMを流しますよね。
テレビのコマーシャルとどこが違うんでしょうか?

ACCCさんって、自分独自の正義感を押しつけてませんか?
これはGoogleに明らかに分があるような気がします。
posted by seokey at 03:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54961521

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。